ダイエットで筋肉量を増やすとごっつくなる?の情報ページ

ダイエットで筋肉量を増やしていく?

ダイエット

ダイエットで筋肉量を増やしていくと基礎代謝が増えるので脂肪が燃えやすくなるだけでなく、太りにくい体質に繋がりやすいです。

 

しかし筋肉量が増えることでごっつくなってしまうのではないか?と思う方も多いのではないでしょうか。

 

ダイエットでは有酸素運動が効果的と言われているので、筋肉量を増やさない有酸素運動主体の運動を行うという事もあるでしょう。

 

筋肉量が増えて脂肪が減るという単純計算上、脂肪も筋肉も減る場合に比べて体重が落ちません。

 

筋肉量

カロリーを極端に抑えるダイエットをすれば筋肉量も落ちるので、急速に体重が減少します。

 

しかし筋肉量というとどこかの筋肉を連想してしまい、肥大する事で体重が増えてしまうという面や体重の減少のブレーキになってしまうという事を思いがちです。

 

しかし心臓など動かしている物も筋肉ですし、どこでも表層の筋肉を動かすという事は静脈を適切に促して老廃物を排出するのに役立つという面もあります。

 

急速に筋肉量を減らしてしまうと心臓の力も弱くなりやすく、また筋肉を使わないと急速に硬く縮んでしまうので、血液循環が悪くなりがちです。

 

良いメリットも含まれているので、ある程度筋肉量を維持少し向上させながら体脂肪を減らしていくというのもダイエットでは大切です。

ダイエットで筋肉量を増やすとごっつくなる? 関連記事

▲ダイエットで筋肉量を増やすとごっつくなる? 上へ戻る


ダイエットで筋肉量を増やすとごっつくなる? このページの先頭へ戻る