加齢臭にはボディソープと石鹸、どちらが良いの?の情報ページ

加齢臭にはボディソープと石鹸、どちらが良いの?

加齢臭にはボディソープと石鹸、どちらが良いの?

石鹸とボディソープの両方に加齢臭対策用がありますが、どちらが良いのでしょうか?

 

 

成分の均一性で比べてみると・・・

石鹸は固形であることが多いですが、ボディソープは液体です。ここに大きな違いがあって、固形である方が成分が均一になっているというのが特徴です。

 

ボディソープは成分が沈殿したりしていることもあり、量が少なくなってくると泡立ちが悪くなったり、品質が変わったりすることもあるので、一般的には成分が均一になっている固形石鹸の方がニオイを抑えるはたらきは高いようです。

 

 

洗浄成分の使われ方

石鹸だと石けん素地を使用しているのが一般的で他の洗浄剤も含まれていることはありますが、ほぼ石けん素地の洗浄力だけです。

 

ボディソープの場合は、シャンプーに使われる高級アルコール系洗浄剤や、また石けん素地より洗浄力がマイルドなアミノ酸系洗浄成分が使用されていることもあります。

 

そのため当たり外れが大きいのもボディソープだと個人的には思います。

 

 

使い勝手の好みにもよる

ある程度使用を継続するという点においては、個人によって使用しやすい、しにくいという好みがあると思います。

 

石鹸の場合、泡の具合やきめ細かさは良いですが、お風呂場においておくと湿気でふやけてしまったり、泡立てネットがないと泡立てにくいということもあります。

 

ボディソープの場合は使い勝手で考えると、泡立てやすく管理も非常に楽です。その点は個人的な慣れや好みの問題だと思います。

加齢臭にはボディソープと石鹸、どちらが良いの? 関連記事

▲加齢臭にはボディソープと石鹸、どちらが良いの? 上へ戻る


加齢臭にはボディソープと石鹸、どちらが良いの? このページの先頭へ戻る