通常の石鹸と加齢臭用の違いはどこにあるのでしょうか?の情報ページ

通常の石鹸と加齢臭用の違いはどこにあるのでしょうか?

通常の石鹸と加齢臭用の違い

固形石鹸は、洗顔用やボディ用など様々な商品がありますが、加齢臭用の石鹸というのは、普段使用している石鹸と比べるとどのような違いがあるのでしょうか?

 

顔用として使用しても良い刺激の少ない成分が使用されている加齢臭対策の石鹸はありますが、基本的にニオイ対策を目的とした石鹸であるので、保湿成分が少なく、毛穴を含めた洗浄力が強い石鹸が多いかもしれません。

 

洗浄力が弱い石鹸で表面上の汚れだけとっても、毛穴の中の汚れを取らなければ臭いは消えにくいので、しっかりと汚れを洗い流すチカラが必要だからです。

 

通常の石鹸と大きな違いは、炭やベントナイトなど粒子が細かい成分が配合されています。そしてニオイ対策成分でも柿渋エキスが配合されているというのが特徴でしょう。

 

他にもニオイ対策成分が配合されていることもありますが、特に柿渋エキス配合してあるというのが加齢臭用の石鹸で多く見られる光景です。

通常の石鹸と加齢臭用の違いはどこにあるのでしょうか? 関連記事

▲通常の石鹸と加齢臭用の違いはどこにあるのでしょうか? 上へ戻る


通常の石鹸と加齢臭用の違いはどこにあるのでしょうか? このページの先頭へ戻る