界面活性剤でよく言われているタンパク質変成作用とは?の情報ページ

界面活性剤でよく言われているタンパク質変成作用とは?

界面活性剤でよく言われているタンパク質変成作用

界面活性剤には、タンパク質変成作用という働きがあり、このタンパク質変成作用というのはタンパク質を破壊してしまうというものです。たとえば、食器用洗剤を利用して食器を洗っていると手が荒れてしまうことがあります。

 

食器用洗剤には界面活性剤が使われていますから、これもタンパク質変成作用が原因であると言えます。そして、この界面活性剤はシャンプーにも配合されていることがあります。界面活性剤は洗浄力が強いため、シャンプーにも利用されていることが多いのです。

 

ですが、髪の毛もタンパク質で構成されているものですから、このタンパク質変成作用によって破壊されてしまうことがあります。

 

いわゆる刺激の強いシャンプーというのは、この界面活性剤が使われているということになります。逆に、界面活性剤を使用していないシャンプーが髪に優しい、低刺激と言われるのはこれが理由になっています。

 

もちろん、タンパク質変成作用によって髪が失われてしまうというわけではありませんし、汚れをしっかり落とすことができるというメリットもあります。ただ、刺激が強いということは髪や頭皮のトラブルの原因になる可能性もあるということは把握しておくべきでしょう。

界面活性剤でよく言われているタンパク質変成作用とは? 関連記事

▲界面活性剤でよく言われているタンパク質変成作用とは? 上へ戻る


界面活性剤でよく言われているタンパク質変成作用とは? このページの先頭へ戻る