ジアミン系染毛剤を長期で使用しているとどうなる?の情報ページ

ジアミン系染毛剤を長期で使用しているとどうなる?

ジアミン系染毛剤を長期で使用

ジアミン系染毛剤を長期で使用していると、パッチテストで大丈夫であっても、髪の毛が細くなってきます。自覚症状がないままで頭皮がただれてしまう場合もあります。

 

そういった状態を放っておくと、毛根だけでなく頭皮にもかなりのストレスになってしまいます。毛根、頭皮が弱ってしまうと結局は抜け毛の要因になりかねません。また頭皮に染料がついてヒリヒリしてしまってしまいますが、時間が長いと数日感ヒリヒリしやすいので注意しましょう。

 

美容院や理容店で染める時は、理容師さんが頭皮や髪の状態をしっかりチェックしてくれるので、避けたほうがよいなどのアドバイスはもらえますが、自宅で染める時はなかなか難しいので、パッチテストは怠らないようにしましょう。私は白髪染めに限らず美容院でしてもらっていますが、自分でいやるよりも髪本来の艶に近いというのが印象的です。

 

自宅で行っていた時はありますが、ブラックだと染まりすぎているような色になるのでシャンプーとかで適度に落ちたあたりの方が自然に見えるんだけど、本来の黒い髪が色落ちした場合、茶色になるのですが、赤っぽくなるのでやはり染料で染めた髪の色って不自然さはありますよね。

 

髪は傷むので普段使用するシャンプーは海藻シャンプーなどで頭皮や髪のミネラルバランスを整えるようにしましょう。

ジアミン系染毛剤を長期で使用しているとどうなる? 関連記事

▲ジアミン系染毛剤を長期で使用しているとどうなる? 上へ戻る


ジアミン系染毛剤を長期で使用しているとどうなる? このページの先頭へ戻る