保湿力のあるシャンプーはやっぱり海藻類?の情報ページ

保湿力のあるシャンプーはやっぱり海藻類?

保湿力のあるシャンプーはやっぱり海藻類?

海藻などのヌルヌル成分は保護膜としての役割があるそうです。特に海藻が傷がつきにくいと言う所からきているようです。そのため昔から髪に良いと言われている所もあると思いますが、保湿力のある成分では海藻類の他にも植物オイルなどが代表的です。海藻類はミネラルなどが豊富ですが、植物性オイルは不飽和脂肪酸やビタミンEなどが多く入っています。

 

良くシャンプーではオリーブオイルやシアバターなども使用される事も多いですが、やはり海藻にはない高い抗酸化力が期待できると言う事にあると思います。海藻エキス自体にも高い保湿力がありますが、やはりバランスが大切なのでバランスを意識した配合がされていると良いでしょう。また海藻類を使用するとヌルヌル感もあり、洗浄力が若干弱くなる事もあるので高洗浄力のシャンプーも比較的多いですが脱脂しすぎる事にも繋がります。

 

その上に保湿するよりは成分の特徴をいかしたマイルドな洗浄成分が使用されているとより海藻類などの保湿力が活かせます。特に皮脂量が多くなっても保湿が大切なのはスキンケアと変わらない所があります。

 

紫外線とヘアケアによる頭皮の奥にもセラミドはありますので肌バリア機能低下が関係しています。脂性であっても乾燥していても同じですね。

 

シャンプーでは増粘剤などが使用されていますが、若干ヌルヌルと言う様なトロミが大切なので海藻類はトロミを出すためにも有効活用できます。

 

また本来保水性に大切なヒアルロン酸ですが、スキンケアだとべたつきやすい成分ですが、ヘアケア関連の特にシャンプーに配合されているとトロミが出やすいので髪の絡まりなどを防ぐ働きが期待できます。

 

脂性や乾燥など頭皮のトラブルが多くなってくると髪の乾燥や切れ毛・枝毛が多くなってきます。また抜け毛などのトラブルですよね。育毛剤でも保湿系がやはり多いのでシャンプーではより頭皮が乾燥しない様にしていくと効果的です。保湿力のあるシャンプーを選ぶとシャンプー後に乾燥しにくくなるのでおすすめです。

保湿力のあるシャンプーはやっぱり海藻類? 関連記事

▲保湿力のあるシャンプーはやっぱり海藻類? 上へ戻る


保湿力のあるシャンプーはやっぱり海藻類? このページの先頭へ戻る